関西にお住まいの方でキャバ嬢を目指しているなら、一度は京都のキャバクラでキャバ嬢になることを考えてみたことのある方も多いのではないでしょうか。
京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫と、この地区は県によって都市の特徴が大きく異なっていることもあり、それは夜の業界にも少なからず影響を与えているようです。

さて、そこで今回は皆さんが気になる京都キャバクラ情報として、2大キャバクラエリアである祇園、木屋町の両エリアについて色々な情報をお伝えしていきたいと思います。

祇園エリアにあるキャバクラ事情

関西方面にお住まいの方なら、少なからず一度は名前を聞いたことのあるだろう街、それが祇園です。
この界隈自体はさほど広いわけではありませんが、周辺は繁華街となっており、色々なお店などが立ち並んでいます。

その繁華街の中心とも言える場所に多くのキャバクラが集中していることから、この付近のキャバクラはちょっとした”敷居の高さ”を感じる一つの要因になっているような気がします。
ともあれ、もしこの界隈のお店で働くとすれば、大きなメリットがありあます。
一つは駅が近いということ。

数分も歩けば京阪電車が通っており、高槻、大阪などの方面へは連絡が簡単です。
また、申し少し歩けば阪急電鉄も通っていますので、京都の西側からこの界隈に通うことも簡単でしょう。
四条周辺によく出て来る機会のある学生さんなどにとっても、メリットのある地域と言えます。

祇園エリアは他の地域に比べてお給料が高い

さて、この地域の求人情報を見てみればすぐに分かると思うのですが、他の地域と比べると若干ではあるもののお給料が高いというポイントがあります。
未経験者の体験入店でも時給5000円を超えるといったお店も少なくありません。
何故お給料が高いのかと問われると、その答えとしては”賑わっている”ということが挙げられます。

一大観光都市でもある京都、そしてその観光地の中心ともなっているため、地元の人だけでなく、観光客の方も多くご来店される傾向があるのです。
そのため、和のテイストをメインにした高級路線の店舗などでは、英語が話せるならそれだけで時給が上がるお店もあるほどです。
それだけ、外国人観光客などの来店が多いということですね。
もちろん、外国人だけでなく、日本全国から色々な方が来られます。
そのため、本当の意味で色々な人とお話ができる環境だとも言えるでしょう。

一方、地元の利用者はと言うと、基本的には近隣のビジネスマンが利用されるというパターンが多いと思います。
また、同時にちょっと羽振りの良い経営者などもよく来店されるでしょう。

都内の歌舞伎町、六本木ほどではないにしても、この街は大人の歓楽街として、全国でも屈指の知名度なのです。