京都のキャバクラと言えば祇園を思い浮かべる人が多いものですが、もう一つの大きな歓楽街として知られている木屋町にも、多くのお店が立ち並んでいます。
たくさんの居酒屋が並んでいる中に、ちらほらと見えてくるのが木屋町通り沿いに並ぶキャバの存在です。

良く見ればお客さまを探している黒服の方もちらほらとと立っており、最近でこそあまり声をかけられることはなくなりましたが、少し前はよくキャッチをしていたものです。
さて、そんなこのエリアのキャバ情報を今度はお伝えしていこうと思います。

木屋町エリアのキャバ事情

この界隈は、そもそも若い方を中心に栄えた繁華街。
飲み屋さんとキャバクラがたくさん並ぶ夜の歓楽街としての顔が強いようなイメージです。
それは昔から今も変わらず続いていて、このあたりで遊ぶメインユーザーは地元の20代から30代に方々が中心といった感じです。

ただ、最近は会社での飲み会にこのあたりのお店を利用する機会も増えていることから、40代50代の方々も多いと言えるでしょう。
また、地元の方だけでなく、最近では観光客もかなり増えてきています。

そのため、祇園だけでなく、このあたりで働いたとしても、ある程度観光客の方を相手にする必要が出てくるでしょう。
中には外国人観光客でアジア系の方々も来店されることがありますので、そういった方々と交流もできちゃいますよ!

新規出店が多く、求人も多い

このあたり、お昼なら風情がある感じですが、夜はまさに歓楽街といったおもむきで、しかもたくさんの新規出店があるイメージが強いですね。
新しいキャバがどんどんとできることから、キャバ求人の総数自体は多いような気がします。
新しい店が多いこともあり、この界隈では若い女の子の求人が多いというのが特徴のひとつとして挙げられます。

ただ、だからといって30代はNGかというとそうでもありません。
お店によっては35歳くらいまではOKというところも比較的多いので、あまり年齢を気にせず応募できるでしょう。
全体的にはキャストが不足しているお店が多いので、インターネットなどで求人を探していると、入…御祝い金や紹介制度などを活用しているお店がちらほらとみられます。

なので、京都のキャバクラで一度働いてみようというライトな感じで応募されるのなら、一度この界隈の求人をチェックしてみるのがいいかもしれませんね。
祇園に負けずにぎわいのある町ですし、フリーのお客様も多いのでしっかりと稼ぐことができると思います。